厚生労働省管轄の施設である国立感染症研究所は1947年に設立された国立予防衛生研究所を前身としています。日本の医療面での重要な研究施設として、病原・病因の検索や予防、治療法の研究や講習を行っています。

国立感染症研究所について

感染症、hivに罹患しない為にカップルに必要なこと

HIVとは、感染症のひとつであるエイズを引き起こす病原体です。HIVに感染したからと言って、即座にエイズの症状が出てくると言うわけではありません。エイズは、日本語では後天性免疫不全症候群と言います。ですから、比較的長い時間をかけて、免疫機能が低下していくのがこの感染症の特徴です。人によっては感染してから数十年間、まったく異変がないと言う人もいます。しかし、体を様々な病原体などから守る役割を果たしている免疫機能が著しく低下してしまうと、何でもないような症状、たとえば軽い風邪、微熱程度でも重症化してしまいます。その結果、合併症が引き起こされてしまったり、衰弱が進行してしまうと言うのがエイズの恐ろしいところです。感染症には感染経路、病原体が拡大する経路が存在しています。HIVの場合、血液感染、母子感染、粘膜感染が代表的な感染経路です。この内、日本国内においては性交渉時の粘膜感染による感染者が最も多いです。HIVを含んだ精液、膣分泌液などの体液に、ただ触れるだけでは感染の可能性はありません。しかしこれらが、粘膜、膣の中や男性器の尿道口、肛門の中や口の中、あるいは傷口などに触れると、そこからHIV感染する可能性があります。ですからHIVに罹患しないために、性交渉を持っているカップルに必要なこととしては、まずはコンドームを装着して性交渉を持つことが挙げられます。これにより、精液や膣分泌液などに体液に、粘膜が直接、触れることを防ぐことができます。またカップルの場合、口を使用した性交渉を行うこともあるかもしれませんが、その際にもコンドームを装着することは重要です。また、お互いにHIV感染のリスクを高めないよう、不特定多数の人と性交渉を持つのも避けるべきです。そしてカップルでまずはHIVの検査を受けると言うのも、とても大切なことです。